生産活動シミュレーション

「生産活動シミュレーション」の特徴

”現場力”を強化する「生産活動シミュレーション」

「ものづくりの現場」を再現したシミュレーション研修です。3期分の工場経営を疑似体験します。1期ごとに役割を変え、生産活動に取り組みます。視座・視点・視野が変わり、実務直結の新しい気づきを獲得します。

  • 対象となる階層 新入社員・ 若手社員・ 中堅社員
  • 対応業種・業態 技術・生産現場
  • 対応可能な会社規模指定なし
  • オンライン対応-
  • 定員24名
  • 日程2日間

学研グループ「JMC」の社員研修

必要な学びを届ける
カスタマイズ型

企業の教育方針や理念、社風なども重視し、その組織の成長につながる社員研修プランをご提案します。

実現場での能力発揮を
前提としたカリキュラム

現場に近い状態で「練習」を積み重ねることで、職場で活用できる実践的なスキルの習得を実現します。

研修後のフォローアップ
でスキルの定着へ

研修で得た知識やスキルをその後に活かしていくために、フォローアップのためのオンラインツールなどもご用意しております。

ゴール目標

  • 仕事に対する見方を拡げ、日々の取り組み姿勢を変える
  • 自分の仕事がお客様への貢献につながることを理解する
  • SQCDの優劣が、利益に直結することを体感する

こんな企業様にオススメ

  • 製造現場における前工程・後工程を意識した仕事の進め方・コミュニケーションを強化したい
  • 安全行動維持・不安全行動の撲滅・コンプライアンス遵守などの意識を高めたい

生産活動シミュレーションの事例

研修事例1

新入社員にものづくりの楽しさと仕事の進め方を体感させたい。

研修カスタマイズポイント

  • 新入社員研修の一環として導入
  • SQCDに加え、コンプライアンスやチームワークの意識などについてバランスよくフィードバック

短期間で生産活動の全体をつかみ、スムーズな現場配属へ

受講者が主体的に考え、動くことを軸に、生産工程の全体と仕事を進める上での重要な要素を体験的に学んでいただき、チームワークの重要性にもフォーカスし、新入社員同士の横のつながりを強化できた。

研修事例2

現場の次期リーダー層向けに、目標設定やコストへの意識強化を行いたい。

研修カスタマイズポイント

  • 目標設定やコストに焦点を当てた講義やフィードバックを実施
  • リーダーシップ・経営視点の醸成

一段上の視座を獲得

シミュレーションでは特に「原価低減/売上アップ/利益の仕組み/損益分岐点/目標設定の考え方/±0の発想」などのコスト面と、「チームワーク/コミュニケーション/リーダーシップ/マネジメントサイクル」を通じた全体運営に重点を置き、リーダーとしての視座を向上できた。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

プログラムフロー

01

オリエンテーション

  • 開講挨拶
  • 研修の目的
01

第1回 工場運営シミュレーション

  • 自身たちで考えながら、受注→製造→納品→損益計算→振り返りまでを疑似体験
  • ものづくりにおける品質、納期、コスト、安全など生産管理の重要性とその進め方を体験する
01

第2回 工場運営シミュレーション

  • しっかりと計画を立てて、受注→製造→納品→損益計算→振り返りまでを疑似体験
  • 第1回運営時の反省を基にチャレンジする
  • 自身の仕事を進める上でのPDCAの重要性
01

第3回 工場運営シミュレーション

  • 顧客への価値創造を考え、受注→製造→納品→損益計算→振り返りまでを疑似体験
  • 第1回、第2回運営時の反省を基にチャレンジする
  • 顧客意識(顧客からの要望)の視点を考える
  • 職場活動時のコミュニケーション、チームづくり、メンバーシップの在り方を学ぶ
01

まとめ

  • 職場での自身の仕事の取り組み方と役割認識を強化する
  • 全社的視点を身につけることの重要性

受講者の声

  • 受注から納品まで全て体験し、自分もその流れの中の一員であることが自覚できた。
  • 自分の仕事が前後の工程につながっているという意識を高め、さらに責任感を持って仕事をしようと思った。
  • 作業者とのコミュニケーションをしっかり取り、わからないことはわからないままにせず、積極的に聞くことが大事だと感じた。自分も生産利益に貢献できるようになりたい。
  • 自分たちが作っているものがお客様に届いているという意識をしっかり持って、仕事に取り組んでいこうと思う。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00