ネゴシエーション研修 アサーティブコミュニケーション編

「ネゴシエーション研修 アサーティブコミュニケーション編」の特徴

相手の主張を尊重しながら、自分の意見を率直に伝えるコミュニケーションスキル

「ネゴシエーション」とは、「交渉、折衝」を行うことを指し、営業担当者だけではなく、社内外での調整等、全従業員が働く上で欠かせないスキルとなります。
また、アサーティブコミュニケーションとは、自分と相手、双方を尊重した自己表現のことを言います。相手の立場を考えた交渉を行うことは、社内、社外の業務を円滑に進めるための大切なポイントとなります。

本研修では、まず自分のリレーションタイプを知り、その上で多くの事例をロールプレイングを通して体験することで、様々な相手との交渉スキルを身につけます。
顧客折衝実践のトレーニングを重ねることで、自分、自社のメリットだけではなく、相手(お客様、他部署)のメリットまで考慮した仕事の進め方ができるように、体系立てて学ぶことができます。

また、社内のコミュニケーションでも、良好な関係を保ちつつ自分の考えをしっかりと伝えられるスキルは、チームワークの強化や生産性の向上にもつながります。

2日間の研修で、相手とのリレーションを大切にしながら、自らの主張や意見を社内・社外の関係者に明確に伝えるスキルを身につけます。

  • 対象となる階層 若手社員・ 中堅社員・ 管理職
  • 対応業種・業態 指定なし
  • 対応可能な会社規模指定なし
  • オンライン対応
  • 定員20名
  • 日程2日間

学研グループ「JMC」の社員研修

必要な学びを届ける
カスタマイズ型

企業の教育方針や理念、社風なども重視し、その組織の成長につながる社員研修プランをご提案します。

実現場での能力発揮を
前提としたカリキュラム

現場に近い状態で「練習」を積み重ねることで、職場で活用できる実践的なスキルの習得を実現します。

研修後のフォローアップ
でスキルの定着へ

研修で得た知識やスキルをその後に活かしていくために、フォローアップのためのオンラインツールなどもご用意しております。

ゴール目標

  • 交渉の過程と結果において、相手も自分も尊重されるコミュニケーションができるようになる
  • 情報収集(確認)・意見の調整・競合等の場面を通して、他者から自己に対する信頼を増す、働きかけができる
  • 社内・社外で、利益満足型交渉を成立させるための質問力と反応力を発揮する
  • WIN-WIN の関係を成立させるコミュニケーションを取ることができる

こんな企業様にオススメ

  • 交渉において、立場の違いと利害の違いを踏まえた実践スキルを磨きたい
  • 親会社や顧客から高い要求を求められる中で、断ることはできないが、そのままの要求を受け入れることはできない、といった状況での交渉術を学びたい
  • リーダーとして、部下への指導や上司への説得、社外の方への交渉が上手く進められるよう、基礎から学びたい

ネゴシエーション研修 アサーティブコミュニケーション編の事例

研修事例1

顧客から高い要求をうける中でも、心身ともにストレスフリーな状態を作りたい

研修カスタマイズポイント

  • 実際に現場で起こり得る事例を設定する。

無理な要求をする顧客にどう対応するのか

無理な要求を繰り返す顧客に対して、どのような対応をすればお互いに仕事が進めやすいのかを、実際の現場に即した設定のロールプレイングを通じて実践しました。

研修事例2

自分の主張だけを伝えるのではなく、相手の話を聴きながら仕事を進めたい

研修カスタマイズポイント

  • 自らのコミュニケーションタイプを把握する。
  • 相手のコミュニケーションタイプに合わせたやり取りを学ぶ。

コミュニケーションのタイプを理解することで、相手に合わせた対応ができる

仕事相手に対して画一的なアプローチをするのではなく、相手のコミュニケーションスタイルを見極め、最適なアプローチをすることで仕事が前に進みやすくなります。また、あらかじめタイプの種類を知っておくことで、初対面の方に対しても自信を持ってアプローチできます。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

プログラムフロー

01

オリエンテーション

  • 研修のねらい
  • 自己紹介
01

コミュニケーションスキル(交渉/折衝力)の重要性

  • ビジネスパーソンにとっての交渉力とは
  • 交渉/折衝力の自己チェック
01

パーソナルリレーションタイプ分析

  • 敵を知り己を知れば百戦危うからず

自分と違った感じ方、価値観、行動パターンを持つ他者について、また自分について、パーソナルリレーションタイプ分析を用いて理解を深めます。

01

優れたネゴシエーターは聞き上手

  • 聴くことのメリット/聴き方のルール
01

体験学習「交渉スキル・トレーニング」

  • 相手に好感を持って認知してもらうためには
  • ペーシング・・・ロールプレイング実習
  • アイスブレイク・・・ロールプレイング実習
  • 切り出し(プレゼンテーション)・・・ロールプレイング実習
01

顧客折衝実践スキルトレーニング-1

  • 交渉態度における3パターン
  • 効果的な質問話法のあり方とは
01

顧客折衝実践スキルトレーニング-2

  • 「目標設定と譲歩」・・・ロールプレイング実習
  • 「情報収集を兼ねた価格競合」・・・ロールプレイング実習

受講者の声

  • 業務を進行、遂行する上で、コミュニケーションスキルの一つである交渉は大変重要なものであり、ひとつ言い間違えてしまうだけで、結果ががらりと変わってしまうことを勉強させてもらいました。また、人には4種類のタイプがいて、交渉していく中でスムーズに進めるには、このタイプを十分理解して行っていくことが重要であるということも勉強できました。
  • 話さないといけないと思っていたことが、実は聴くことだったというところに今回の大きな意味を感じました。「交渉」と「お願い」が異なるものであり、自分が交渉しているつもりでも、客観的にはお願いに見えていたのだと気づきました。交渉のカードを事前に準備し、タイミングよく出せるように練習したいと思います。
  • 自分を知るということを、今までは自分は自分と思い特に気にしていなかった。 自分を知り、相手を知ることの大切さを知ることができた。 今回の研修で自分のタイプを知り、交渉の方法を学んだことで、相手のことを考え、互いに理解、納得できる交渉に努めていきたい。今後の交渉に大いに役立てていきたいと思う。体験型研修が多くて、有意義な研修でした。
  • ポイントを押えた、わかりやすい講義でした。ロールプレイを繰り返すことで、コツのようなものを理解し、掴むことができました。受講前はキーワードのようなテクニックがあるのかな、と考えたりしたのですが、相手を思うことや納得させるために準備することなど、今後の業務に活かしてみたいです。資料や題材もわかりやすかったです。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00