ロジカルプレゼンテーション研修

「ロジカルプレゼンテーション研修」の特徴

プレゼンテーションの論理的側面と、ヒューマン的側面のスキルを同時に養う

プレゼンテーションの論理構成・伝え方・資料構成の3つの側面からプレゼンテーションスキルの強化を図ります。

  • 対象となる階層 若手社員・ 中堅社員・ 管理職
  • 対応業種・業態 指定なし
  • 対応可能な会社規模指定なし
  • オンライン対応
  • 定員20名
  • 日程2日間

ゴール目標

  • プレゼンテーションにおける相手の分析ができるようになる
  • プレゼンテーション全体を論理的に構成できるようになる
  • 論理的な構成にそった資料作成ができるようになる
  • 聞き手に即した伝達ができるようになる

こんな企業様にオススメ

  • プレゼンテーションについて具体的な課題をもっている企業様
  • 他部門・他社に対するプレゼンテーションが多くあり、プレゼンテーションスキルの強化を図りたい企業様

ロジカルプレゼンテーション研修の事例

研修事例1

海外パートナーにむけたプレゼンテーションの強化を図りたい

研修カスタマイズポイント

  • プレゼンテーションの論理構成に特化。

プレゼンの仕組みを理解

伝達面だけでなく、プレゼンテーションの目的・聞き手は誰か、それに基づく構成はどのようなものが最適か、といったあたりを重点的に実施しました。

研修事例2

中堅層向けのベーススキルとして展開をしたい

研修カスタマイズポイント

  • 既存のプレゼンテーション研修との差異化
  • 現場事例にあわせた展開

話すプレゼン・見せるプレゼン、読ませるプレゼン

上司・部下・同僚・後輩、協力会社・顧客など多方面にプレゼンテーションを行う機会の多い中堅層に向け、多様なシーンで活用できるプレゼンテーションの基本として設定をしました。周辺研修として、資料作成に特化したコース、話し方に特化したコースなどとあわせて研修を企画しました。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

プログラムフロー

01

オリエンテーション

  • 研修のねらい
  • 自己紹介
01

伝達のスキル

  • 表現力の高め方
  • 視覚物を使うときの話し方
01

論理構成

  • 結論-理由、全体-詳細の流れ
  • 3~4つまでにグループ化すること
  • フレームワークを使う
  • What-Why-Howによる相手を動かす組立て
  • ピラミッドストラクチャー
  • 抵抗が少ない導入
01

聞き手分析

  • 聞き手の特定とプレゼンのゴール
  • 聞き手の関心事(課題)の分析
01

文書(スライド)作成

  • スライドの「形」
  • 図解のポイント
01

総合演習

  • 実業務でのプレゼン課題
  • 論理構成作成
  • スライド作成
  • 発表

受講者の声

  • 今まで、いかに資料をきれいにつくるか、に時間をかけていましたが、聞き手分析の考え方を知れてよかったです。
  • 引き込まれるプレゼンテーションにするためのプレゼンテーションの仕組みが理解できました。
  • 人前で話すことが苦手でしたが、論理構成をしっかりともったプレゼンテーションを考えることで自信をもって発表することができるようになりました。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な学びの場を構築します。日程・時間・人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が可能です。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00