プロジェクトマネジメント実践研修(問題発見・解決編)(他社合同形式)

「プロジェクトマネジメント実践研修(問題発見・解決編)(他社合同形式)」の特徴

成功するプロジェクトマネージャーはなにが違うのか

現状から問題を発見し、取るべきアクションを実行に移す実践力を強化します。
同業他社との比較で、自社の固有性・強み・弱みを棚卸でき、刺激と知見を相互に交換しあいながら、今後PMとしてのアクションの選択肢を増やすことが可能です。
モダン・プロジェクト・マネジメント理論を、現場においてどのように活用できるか、実践演習→理論の整理を積み重ねます。

  • 対象となる階層 若手社員・ 中堅社員・ 管理職
  • 対応業種・業態 IT
  • 対応可能な会社規模指定なし
  • オンライン対応
  • 定員6名×3社
  • 日程3日間(2日間でも可)

ゴール目標

  • プロジェクト活動のプロセスが理解でき、それに対する問題感知力の習得
  • プロジェクト活動に必要なスキルの重要性が理解できる
  • プロジェクト活動が直面している現状を打破するためのプロセスを知り、PMの底上げを図ることができる

こんな企業様にオススメ

  • PMP取得者を増やしたがプロジェクトの赤字がなくならない企業様
  • 我流でPMをやってきたため、プロジェクトメンバーによって成功するときと失敗するときのバラつきが大きい企業様
  • プロジェクトの現場では、実力者が難所の火を消してしまうため、現場のOJTでトラブルを経験させることができない企業様

プロジェクトマネジメント実践研修(問題発見・解決編)(他社合同形式)の事例

研修事例1

我流でPMをやってきたため、プロジェクトメンバーによって成功するときと失敗するときのバラつきが大きい。

研修カスタマイズポイント

  • リモートワーク下におけるPMのインプット要素を追加。
  • リモートワークならではの、課題と対応についてケーススタディを実施。

リモートワーク下でのPM効率化

ケーススタディで疑似体験を繰り返すことで、環境に左右されない、PM対応力が向上した。

研修事例2

プロジェクト対応の質を高めるため、PMの社内共通言語を可視化させたい。

研修カスタマイズポイント

  • 3回の演習終了ごとに、教訓抽出ワークを導入。
  • 全演習終了後、実プロジェクトで導入を前提とした教訓を可視化。

プロジェクト品質の担保

社内PM共通の課題にフォーカスすることで、共通認識を可視化することができた。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

プログラムフロー

01

オリエンテーション

  • 研修の導入/位置づけとねらい
  • 自己紹介
01

プロジェクトマネジメントについて①

  • 概論、マネジメントの潮流と業界動向
  • 品質管理とスケジュール管理
  • コミュニケーション管理、ステークホルダー管理、変更管理
01

ケース①自社内での「作業割り当て」と「進捗管理」

  • 課題提議とヒアリング実習
  • グループワークディスカッション
  • 現状対応シートの作成と発表
  • まとめと講評
01

プロジェクトマネジメントについて②

  • メンバーとのコミュニケーションのあり方
  • プロジェクトマネジメント講義
  • コスト管理、契約管理、調達管理
01

ケース②協力会社を含めた組織運営

  • 課題提議とヒアリング実習
  • グループワークディスカッション
  • 現状対応シートの作成と発表
  • まとめと講評
01

ケース③顧客からのクレーム対応

  • 課題提議とヒアリング実習
  • グループワークディスカッション
  • 現状対応シートの作成と発表
  • まとめと講評
  • 全体まとめ

受講者の声

  • 自分がいかに固定概念に縛られ、想定外の事象に対処する能力が欠けているかを身をもって体感することができました。
  • 今まで勘や経験からのみ実施していたことを、PMBOKというフレームワークを使い、体系立ててPJを進めることで、「これで大丈夫かな」といったことの解消に役立てることができると感じました。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な学びの場を構築します。日程・時間・人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が可能です。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00