プロジェクトマネジメント研修 システム要件定義技法編

「プロジェクトマネジメント研修 システム要件定義技法編」の特徴

システム要件定義ができるようになる

ユーザーのニーズ提示を受けて要件定義を行い、確実に設計につなげるスキルの養成を行う。

  • 対象となる階層 若手社員・ 中堅社員
  • 対応業種・業態 IT
  • 対応可能な会社規模指定なし
  • オンライン対応
  • 定員15名
  • 日程2日間

学研グループ「JMC」の社員研修

必要な学びを届ける
カスタマイズ型

企業の教育方針や理念、社風なども重視し、その組織の成長につながる社員研修プランをご提案します。

実現場での能力発揮を
前提としたカリキュラム

現場に近い状態で「練習」を積み重ねることで、職場で活用できる実践的なスキルの習得を実現します。

研修後のフォローアップ
でスキルの定着へ

研修で得た知識やスキルをその後に活かしていくために、フォローアップのためのオンラインツールなどもご用意しております。

ゴール目標

  • 要求定義、要件定義と段階的詳細化について理解する
  • DMM、DFD、業務フロー図を用いて、業務要件定義ができる
  • 構造化分析・設計について理解する

こんな企業様にオススメ

  • 若手社員に抜け、漏れなく要件定義ができるようになってほしい
  • システム要件定義の進め方の基本を理解してほしい

プロジェクトマネジメント研修 システム要件定義技法編の事例

研修事例1

要件定義ができずに後工程で手戻りが発生する

研修カスタマイズポイント

  • 研修後にすぐに活用できるDFD作成チェックリストを準備
  • 講師がお客様役を演じ、実践的なロールプレイ形式で演習を構成

職場での実務をイメージした構成で実施

チェックリストに基づくDFDの作成演習により、実務でどのように活用できるのかを理解することに繋がった。またロールプレイ形式で演習を行うことで、要件定義の進め方を体感的に理解することができました。

研修事例2

要件定義、DMM、DFDについて体系的に学ばせたい

研修カスタマイズポイント

  • 問題と演習を用いた実践的なカリキュラム
  • グループ討議、検討、成果発表を繰り返し実施

他者視点を絡めた理解の促進

DMM、DFDについて、講義だけではなく演習を加え、またグループで討議・検討を行うことで、どのように見える化を行い、共通理解を作っていくかを学ぶことができた。また成果発表・他グループ/講師からのフィードバックを行うことで、複数の観点から要件定義の進め方を確認することができました。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

プログラムフロー

01

オリエンテーション

  • 研修のねらい
01

講義:要求定義と要件定義

01

講義:構造化分析

01

演習:DMMとDFD作成方法

01

講義:業務フロー図

01

演習:システム要件定義

01

演習成果発表と振り返り

01

全体のまとめと質疑応答

受講者の声

  • 非常にわかりやすい講義で、かなり理解が深まりました。業務フロー図についてはよく作成していたので慣れていたが、DMMやDFDについては全く作成したことなかったので、今回の研修は非常に助かりました。
  • DFDは通常業務で使うことはないが、業務フローと併せて作成することでユーザに対するヒアリングの精度がかなり向上すると思った。
  • 演習主体の研修は普段の業務と異なるのでかなり疲れるが、座学とくらべると身になる。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00