システム運用シミュレーション研修 基礎編

「システム運用シミュレーション研修 基礎編」の特徴

保守・運用作業の疑似体験によって作業の品質向上のための気付きを与える

擬似的な運用作業を行い、運用上の様々な課題をどのように解決することができるかを体験していただきます。業務に携わる際に必要な視点や、落とし穴、コミュニケーションギャップなどを経験し、『今後、強めなければならないスキル』に気付いていただきます。

  • 対象となる階層 新入社員・ 若手社員・ 中堅社員
  • 対応業種・業態 IT
  • 対応可能な会社規模特に制限なし
  • オンライン対応
  • 定員18名
  • 日程2日間

学研グループ「JMC」の社員研修

必要な学びを届ける
カスタマイズ型

企業の教育方針や理念、社風なども重視し、その組織の成長につながる社員研修プランをご提案します。

実現場での能力発揮を
前提としたカリキュラム

現場に近い状態で「練習」を積み重ねることで、職場で活用できる実践的なスキルの習得を実現します。

研修後のフォローアップ
でスキルの定着へ

研修で得た知識やスキルをその後に活かしていくために、フォローアップのためのオンラインツールなどもご用意しております。

ゴール目標

  • 保守・運用のエキスパートになるためには、どのような視点、どのような発想、どのような認識で行動すべきかを学び、自ら体験しながら気付く

こんな企業様にオススメ

  • 運用保守作業の品質向上を図りたい
  • 経験の浅い社員に運用保守業務を疑似体験させたい

システム運用シミュレーション研修 基礎編の事例

研修事例1

インターンシップで学生向けに運用保守業務を体験させたい。

研修カスタマイズポイント

  • 難易度を学生向けに調整。
  • 冒頭で運用保守の必要性や魅力についての説明を実施

運用保守会社に興味を持って貰うきっかけに

インターンシップにて、学生向けに業務体験として導入し、運用保守の必要性や魅力についても参加者に理解いただいた。また、難易度を学生向けに調整したことで、IT知識が少ない学生でも、入社したらどのような業務をおこなうのかの体験を提供できた。

研修事例2

運用保守業務がルーチンになりがちで、主体的に提案ができるような意識を醸成したい。

研修カスタマイズポイント

  • 顧客の課題ヒアリング~プレゼン提案演習を含める。
  • 講義にて運用保守業務が顧客と接点が多く、提案がしやすい立ち位置であることを理解してもらう。

超上流からの提案意識の醸成へ

運用保守業務を行いながら、顧客への報告など接点の近いことを活かし、顧客への課題ヒアリング~更なるシステムを提案するプロセスを体験いただいた。そうすることで、顧客がシステム変更を検討する前に提案機会を得られる主体的な運用保守業務を意識できるようになった。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

プログラムフロー

01

オリエンテーション

  • 講師紹介、研修の狙いと進め方、受講者自己紹介 アイスブレーク
01

保守・運用業務の概説

  • 保守運用業務の概説と、潜在的な問題点に関する講義
01

保守・運用業務演習 第一フェーズ

  • クライアントからの作業依頼
  • 保守・運用に関する、プロセス決定
01

1日目の振り返りと講義

  • ITILの考え方と自動化の講義
  • 保守・運用に関する、プロセス決定のディスカッションと発表

1日目に行った作業の振り返り。
ITILをベースに、保守・運用作業に関して何を行うべきかを解説する。
1日目の作業を振り返り、保守・運用のルールを決め、発表を行う。

01

保守・運用業務演習 第二フェーズ

  • クライアントからの作業依頼
  • 保守・運用に関する、プロセス決定

保守・運用業務において、必要な事柄をまとめ、全グループで情報共有を行う。

受講者の声

  • 運用業務を担当しているが、自分の担当以外の実施内容についてよくわかっていなかったが、今回の研修で運用業務の全体像が理解できた。
  • 運用保守という業務が、どういうことを行うのかの理解ができました。
  • どちらかというと開発したシステムに対する対応業務というイメージを持っていたが、運用保守が顧客との最前線であり超上流である、という話にこれまでのITサービスのイメージががらりとかわりました。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00