コーチング研修 実践編

「コーチング研修 実践編」の特徴

コーチングを活用し、人材を育成する

企業を取り巻くビジネス環境は、めまぐるしいスピードで常に変化をしています。そのような変化の中で、状況の変化を的確に捉え、対応し続けていくためにも自ら考え、動くことができる人材はとても重要です。自発的な行動を促すコーチングを活用した人材育成について学んでいきます。

コーチング基礎編では基本的な考え方・進め方を扱っていますが、実践編では、コーチングのプロセスを確認しながら部下・後輩への指導、動機付けなどを具体的な事例を交えながら構成しています。演習を通して、どのような声がけを行うとよいか、環境の設定、質問の仕方、承認の仕方など、具体的な手法を習得することができます。

自チームのメンバー・後輩に対しての指導の場面・育成のための面談など多くの場面で活用できることができます。また自身のコミュニケーションスタイルを合わせて知ることで相手にあわせたやりとりをすることも重要です。コーチングを学ぶことで自身の「引き出し」を増やすことができます。

本研修は、コーチングは知ってるけど基本的な内容しか理解できていない、リーダー職・マネジメント職としてのコーチングのアプローチを学びたいといった方にオススメです。信頼関係の構築から部下のやる気を引き出し、自発的な行動を促すためのコミュニケーションの取り方などマネジメント職、リーダーとしての関わり方、つまりコミュニケーションの質を向上させることができます。

  • 対象となる階層 中堅社員・ 管理職
  • 対応業種・業態 指定なし
  • 対応可能な会社規模指定なし
  • オンライン対応
  • 定員18名様
  • 日程1日間

学研グループ「JMC」の社員研修

必要な学びを届ける
カスタマイズ型

企業の教育方針や理念、社風なども重視し、その組織の成長につながる社員研修プランをご提案します。

実現場での能力発揮を
前提としたカリキュラム

現場に近い状態で「練習」を積み重ねることで、職場で活用できる実践的なスキルの習得を実現します。

研修後のフォローアップ
でスキルの定着へ

研修で得た知識やスキルをその後に活かしていくために、フォローアップのためのオンラインツールなどもご用意しております。

ゴール目標

  • コーチングを活用した人材育成の流れを理解する
  • GROWモデルを活用して、目標達成のための行動案を設定する

こんな企業様にオススメ

  • 定期面談は実施しているが、相手に合わせた面談場面の設定、コミュニケーションができていない
  • 部下・後輩の育成のための支援を行いたいが具体的なかかわり方を学びたい
  • 現場・相手・状況にあわせて柔軟にコミュニケーションをとる力を高めてほしい
  • 日常業務における関り方から見直す機会としてほしい

コーチング研修 実践編の事例

研修事例1

管理職の基本スキルとして習得してほしい

研修カスタマイズポイント

  • 管理職向けの必須研修として設定
  • 部下の目標達成につながるコーチング

人財育成の手法の1つとしてのコーチング

部下の状況にあわせた育成手法の1つとしてコーチングのスキルを紹介。特に部下が掲げる目標に対して管理職としてコーチングをどのように活用するとよいかを理解できた。

研修事例2

スキルだけでなくどのような場面で活用するとよいか具体例を知りたい

研修カスタマイズポイント

  • GROWモデルの活用例
  • グループワークで受講者同士の面談経験の共有

迷ったこと・困ったことの共有

様々な上司・部下・後輩の関係においてどのように面談を進めるとよいか、受講者の過去の面談経験を共有する場面を設定。そこからGROWモデルを活用して面談をどのように進めていくとよいかを学ぶことができた。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

プログラムフロー

01

オリエンテーション

  • 研修のねらい・目的
01

部下・後輩育成におけるコミュニケーション

  • 部下・後輩へのかかわり方
01

コーチングの全体像を学ぶ

  • コーチングとは
  • コーチングの進め方(GROWモデル)
01

環境設定

  • ラポールの形成
  • 話をするための環境づくり
01

傾聴

  • 傾聴の効果とメリット
  • 傾聴のスキル
  • 傾聴実習
01

質問

  • 質問の効果と使い分け
  • 質問力を高める
  • 質問実習
01

承認

  • 効果的な承認
  • 承認実習
01

フィードバック

  • 改善ポイントを伝える
  • 効果的な注意の仕方
01

総合実習

  • コーチングを活用した面談実習

受講者の声

  • 私にはいろいろな部下がいますが、さっそく明日からの仕事で役立てたいと思います。
  • 自分が心がけていることについて、よかったところ、間違っているところに気づくことができました。明日から取り組むことが見えてよかったです。
  • 自分がどうしたいかではなく、相手がどうしたいのか、ここに関心を寄せることの重要さに気づくことができました。これまで相手の話を聞いているつもりでも、結局自分のことを話をしている、というグループメンバーからの指摘はいたかったですが受け止めて部下とのかかわり方を見直していきます。
  • コーチングを行おうと思うと、当たり前だが相手のことをよく知る必要がある。本人がどういう成長をしたいのか、また今どういう段階なのか1人1人異なっている状況で同じ対応は当然できないので、うまく使い分けながら接していきたいと思います。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00