コーチング研修(基礎編)

「コーチング研修(基礎編)」の特徴

対話で相手から引き出す技術

コーチングは、聞く・質問を通して相手に考えさせる技術です。目標設定の場面、日常において、様々な場面で活用できます。

  • 対象となる階層 若手社員・ 中堅社員
  • 対応業種・業態 指定なし
  • 対応可能な会社規模指定なし
  • オンライン対応
  • 定員18名
  • 日程1日間

学研グループ「JMC」の社員研修

必要な学びを届ける
カスタマイズ型

企業の教育方針や理念、社風なども重視し、その組織の成長につながる社員研修プランをご提案します。

実現場での能力発揮を
前提としたカリキュラム

現場に近い状態で「練習」を積み重ねることで、職場で活用できる実践的なスキルの習得を実現します。

研修後のフォローアップ
でスキルの定着へ

研修で得た知識やスキルをその後に活かしていくために、フォローアップのためのオンラインツールなどもご用意しております。

ゴール目標

  • コーチングの基本的な考え方を理解する
  • コーチングの進め方を理解する
  • きく・質問・フィードバックの各スキルを習得する

こんな企業様にオススメ

  • 部下・後輩の育成・指導における基本スキルとして習得させたい
  • 相手に合わせた育成・指導を行うことで、メンバーの自発的な行動を促したい

コーチング研修(基礎編)の事例

研修事例1

相手に合わせた部下育成を通して、職場全体を活性化させたい

研修カスタマイズポイント

  • 事前課題で自身の部下・後輩の現状を確認
  • 事後課題で定期的なコーチングを実践

研修をきっかけに職場内コミュニケーションが活性

事前・事後課題を設定することで、部下・後輩とのコミュニケーションの機会が増え、職場全体の活性化につながりました。

研修事例2

コーチングの重要性は伝えているが、なかなか実行できておらず、具体的な手法として習得させたい

研修カスタマイズポイント

  • コーチングのプロセスを講義&実習で構成
  • 実在の部下・後輩を想定した実習

コーチングの具体的なプロセスを理解

話をする環境から意識をして設定する、などの具体的な方法を習得することができました。また、実在の部下・後輩を想定した実習を行うことで、研修後の行動に結びつけることができました。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

プログラムフロー

01

オリエンテーション

  • 研修のねらい
01

コーチングとは

  • コーチングの全体像
  • コーチングの基本的な考え方
01

コーチングの進め方

  • 話をするための環境づくり
01

コーチング実習①:きく

  • 効果的な聞き方のポイント
  • 傾聴実習
01

コーチング実習②:質問

  • 基本的な質問の仕方
  • 質問実習
01

コーチング実習③:フィードバック

  • フィードバックとは
  • 効果的な伝え方
01

コーチング総合演習

  • ペア・トリオでコーチングの一連の流れに取り組む

受講者の声

  • 講義+実習がセットになっているので、とてもわかりやすかった。
  • 意識を相手に向ける体験は、自分では気がついていなかった部分であり、意識してトレーニングする必要があると思った。
  • 「きく」ことがこんなにも深い内容だとおもっていなかったので、非常に勉強になりました。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00