わかりやすいビジネス文書の書き方

「わかりやすいビジネス文書の書き方」の特徴

相手の行動を促す文章で目的を最大化させる

ビジネス文書とは読み手になんらかの行動を求める文書です。したがって、読み手を絶えず念頭に置き、内容を的確な言葉でわかりやすく表現し、目的に応じた効果を最大限に発揮するように文章化する必要があります。

  • 対象となる階層 新入社員・ 若手社員
  • 対応業種・業態 指定なし
  • 対応可能な会社規模指定なし
  • オンライン対応
  • 定員20名
  • 日程2日間

学研グループ「JMC」の社員研修

必要な学びを届ける
カスタマイズ型

企業の教育方針や理念、社風なども重視し、その組織の成長につながる社員研修プランをご提案します。

実現場での能力発揮を
前提としたカリキュラム

現場に近い状態で「練習」を積み重ねることで、職場で活用できる実践的なスキルの習得を実現します。

研修後のフォローアップ
でスキルの定着へ

研修で得た知識やスキルをその後に活かしていくために、フォローアップのためのオンラインツールなどもご用意しております。

ゴール目標

  • わかりやすい文章で読み手に行動を促す。そのために、目的に応じた表現を文章化する。

こんな企業様にオススメ

  • 誤解のないコミュニケーションを成立させたい
  • ケーススタディから体験的に学ばせたい

わかりやすいビジネス文書の書き方の事例

研修事例1

新入社員向けにビジネスマナーの基礎としてビジネス文書の書き方を教えたい

研修カスタマイズポイント

  • 社内の文書ルールに則ったカリキュラムに変更
  • ロールプレイ演習を設け、講師相手に実践↔フィードバックの機会を創出。

原則的な考え方を習得

研修最後に自己の振り返りを実施し、研修で習得した学びを実務に活かす視点を述べていただいた。ビジネス文書の書き方として知っておきたい原則的な考えとその習熟という研修所期の目的は達成された。

研修事例2

書式はあるものの各自が自由な記載をするために文書だけでは内容理解ができない現状を脱却したい

研修カスタマイズポイント

  • 文書というアウトプットをするための情報整理の仕方
  • 書き手と読み手の違い

「書きたいことを書く」、から「目的達成のために書く」へ

これまでは書き手が書きたいように文書を作成するケースが多かったですが、本研修を通じて、何のためにどのように書くか、ということの理解が進み、文書を通じたスムーズな意思疎通が図れるようになりました。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

プログラムフロー

01

講義

  • ビジネスにおけるライティング

読み手を意識したコンテンツ展開を行うために必要なスキルを解説

01

ワークショップ①

  • 記述力と表現力

表現や記述に関するビジネスドキュメントの基礎的な学習

01

講義

  • 話を聴くことと書くこと

ヒアリングポイントや議事録など社内文書の作成方法について

01

ワークショップ②

  • 口頭説明をヒアリングし、ドキュメントにまとめる

マインドマップを活用して要点を構造化する

01

講義

  • メールの書き方

様々なシーンにおけるメールの書き方を学ぶ

01

ワークショップ③

  • 社内メール作成演習

社内会議の招集を想定した場面

01

ワークショップ④

  • 社内文書レビュー演習

問題点の指摘と改善視点を把握する演習

01

講義

  • 構造化論理思考

構造化や抽象化する必要性を理解する

01

ワークショップ⑤

  • 報告書のまとめ方

報告書のまとめ方を論理的思考を使って学ぶ

01

講義

  • 社外文書の書き方

取引先や顧客先を意識した社外文書作成方法を学ぶ

受講者の声

  • 多くの演習を行うことで「なぜそうすべきなのか」を考えながら文書を書く、ということを実感しました。特にメールについては入社当初に教育を受けていないこともあり、今までは「なぜか」を考えないまま体験で対応してきていました。今回の研修で、一歩前に進みことができました。
  • 入社2年目で社外の方にメールを送信する機会も増えています。書き方や内容の構成にいつも不安があり、自身の改善点がいくつも見つかりました。特に、事実と意見を分けて書くことができていないと強く自覚しました。

お問い合わせ

社員研修へのお問い合わせや、
資料請求は以下フォームより
お気軽に送信下さい。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00