合同研修

ITプロジェクトシミュレーション研修

  •  若手

利益貢献のためにとるべき行動とはなにか

若手SEのコスト意識を高め、利益(赤字)を生む構造を理解する

特長 業務の中で「仕様書通りにつくりさえすればいい」という感覚から、「利益貢献のためにとるべき行動とはなにか」という意識変革を促し、具体的には下記の点の気付きを図ります。
◆社内メンバー・他部門・パートナー企業に対するコミュニケーションの重要性
◆品質・コスト・納期のバランスを、各々が常に認識して行動することの重要性
◆失敗を確実に次回に改善できるPDCAサイクルの重要性
進め方 ソフトウェア開発プロジェクトの運営を演習のテーマとし、チーム(企業)、個人(一社員)として、異なるねらいをもった3回のシミュレーション演習を繰り返し、最終損益の結果を競う。
受講対象 実務経験2年-5年目までの若手社員
定員 18名(1社 4~6名様でのエントリー)
日程 2日間
スケジュール

合同ITSIM

  • 40000232_30A