管理職研修は厳しい?知っておきたい内容と注意点

管理職研修は厳しい?知っておきたい内容と注意点

【管理職研修は厳しい?】管理職とは

一定の規模がある企業では部署が作られ、そのチームを指揮・管理する存在が管理職です。

具体的には、ミドルマネジメントと呼ばれる部長・課長、ロワーマネジメントと呼ばれる係長・主任といった役職の方々のことを指します。

部下をまとめ責任を負う立場であり、会社ごとに基準は違いますが一定の決裁権を持つことが一般的です。

一般社員より責任は重くなりますが、管理職に就くということは何らかの評価を受けた結果とも言えます。

ただし、優秀なプレイヤーが優秀な管理者になれるとは限らず、プレイヤーの時とは違う能力を学ぶ為に、管理職研修を実施する会社は少なくありません。

管理職に必須なマネジメント力について知りたい方は別記事「マネジメント力を強化するには?ポイントと必要な能力」をご覧ください。

組織の上に立つ
一般社員から組織を束ねる役職へ

【管理職研修は厳しい?】管理職研修とは

研修には種類があり、現状の課題に合ったものを選ぶと良いでしょう。

例えば悩みや壁にぶつかってしまうことが多いと言われているのは新任管理者です。

慣れない事が大きな要因かもしれませんが、成果を出していく上でそうも言っていられない事も事実ではないでしょうか。

あるいは、足りない部分を重点的に学ぶのも良いでしょう。

リーダシップ発揮の仕方がわからない、後輩への接し方が・・など、狙いを定めた研修もあります。

新任管理者研修

マネジメントについての基礎知識や問題解決力、リーダーシップについてなどを学びます。

セルフチェックや部下との関わり方についても理解を深めてくれるでしょう。

感覚だけに頼ったマネジメントではなく、基礎を学んだ上でご自身に合ったスタイルを見つけていく機会になります。

リーダー研修

リーダーとしての責任や動き方を学びます。

リーダーに必要な仕事力と人間力を理解し、後輩育成に欠かせないコーチングスキルを学ぶこともできるでしょう。

後輩育成研修

問題を発見・解決するための能力やOJTなど、実践的な内容が一般的です。接し方一つでも正解が人それぞれ違うようなケースも多々あると思いますが、基本的な手法を学んでおく事である程度カバーする事ができるでしょう。

管理職研修の種類
抱えている悩みによっては研修で解消することができます。

【管理職研修は厳しい?】管理職研修の目的

まず挙げられるのが、職務の理解です、

単純なようですが最も大切と言っても過言ではなく、チーム全体の底上げ、ひいては会社全体の利益にもつながるのではないでしょうか。

管理者が何をするべきで、どんなスキルを習得するか、役割を理解することは研修の目的の一つと言えるでしょう。

そして部署をまとめる力や後輩育成など、多角的にある職務をピックアップして学べる研修もあるので、課題に感じている場合や定期的に受講するのも良いかもしれません。

このように、会社の中枢を担う管理者の悩みを解決することが管理職研修の大きな目的と言えるのではないでしょうか。

管理職研修の目的
目的によって受講する研修を選びましょう。

【管理職研修は厳しい?】管理職研修の内容

役割の理解と能力のセルフチェック

自身の職務を「なんとなくは理解しているけど・・」という方や、再確認のつもりでもセルフチェックは必要事項と言えるでしょう。

厳しい結果が待っていることもあるかもしれませんが、チームをまとめていく為には、まず自分の能力を見つめ直す事も必要です。

スキル習得

・問題発見・解決能力
問題発見の本質を学び、解決までのプロセスや手法を学びます。

・コーチング
演習等を通して後輩育成方法を学びます。
コーチングの基本的な考え方を知ることは大切でしょう。

・OJT
実務を教える方法を学びます。
部下が戦力となるように実地訓練の力を養います。

部下の評価

評価基準や理論を学びます。

関係性で評価をしてしまったり、一つのことが優秀だから他のことまで優秀だと考えてしまうなど、人の心理としてありがちな状況を防ぐ事にも役立つのではないでしょうか。

リーダーシップ

抽象的な言葉の印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、実践的な理論やケーススタディは有効です。

評価方法など仕組みで活性化させる事もあると思いますが、チームとしてまとまって取り組めるかはリーダーシップの強さが大きく関わってきます。

研修のスケジュール例
スケジュールの一例です。

【管理職研修は厳しい?】管理職研修の注意点

中間管理職とも言われるように、マネジメント層の目線と一般社員側の目線の双方が求められるので、それらに重点をおいたプログラムを行う事に留意しましょう。

  • 組織のマネジメントをする立場である事を自覚する
  • 会社の方針を理解し、チームの方向性を示す
  • メンバーの現状を把握し、適切な育成を行う

一般社員の時と求められる事が大きく変わるので、特に新任の時は研修の機会が必要と言われています。

まとめ

管理職は1プレイヤーとして頑張っていた時よりも、精神的に厳しいということはよく言われるところです。

「自分は適性がないのではないか」など悩む場面も少なからず出てくるかもしれません。

しかしながら、それは管理職の仕事を知らないだけであったり、考え方を学んだり経験値でカバーできることも多くあるのではないでしょうか。

会社の中枢を担う管理者への研修は、部下の能力向上にも関わり、会社にとっても有益な機会になると思います。

マネジメント会議
中心的な存在として社内において様々な役割をこなします。

JMCでは階級や職種に応じて
様々な社員研修メニューを用意しています。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00