チーム学習のススメ

チーム学習のススメ

最近、社会人教育の中でチーム学習というものが徐々に脚光を浴びてきているように感じています。ある会社では、階層別研修を単発の研修で終わらせるのではなく、長期のプロジェクト型の研修へと変える中で、仮想のチームを組んで共同研究の形で共に学び合うといったスキームを用意することも増えています。また、求められるスキルが多様化する中で、スキル同志を掛け合わせてチームとして力を現場で発揮しなければならない環境も、脚光を浴びてきている要因のひとつになっているようです。

チーム学習とは?

古くは米国の経営学者ピーター・センゲが著書「学習する組織」において提唱した「訓練法」の一つで、チームメンバーが、チーム内外の人たちとのダイアログ(対話)を通じて、自分たちのメンタルモデルや問題の全体像を探求し、お互いの意識合わせを行うプロセスをいいます。

どちらかといえば自組織においての学習を指している概念でしたが、最近ではチーム学習はもっと広義な意味合いで捉えていいかと思います。 例えば、会社の階層別教育において、通年で学ぶ際に仲間と一緒に学ぶといったこともチーム学習のひとつといえるでしょう。

なぜチーム学習か?

学習転移の観点

学習においての大きな課題として、個人で学んだスキルや概念を現場で活かせないということがあります。

専門的にはこれを「学習の転移」が起こせなかったといえます。

学習の転移が起こらない要因としては様々ありますが、学習している環境と現場の環境が違う事や、現場のメンバーの知識と学習した人との知識の差、知っていることとできる事には差があることなどがあげられます。

わかりやすい例でいうと、新入社員がビジネスマナーを研修で学んできて現場に配属されたとします。その際に、元気に挨拶を新入社員の方がした際に、他の方が挨拶を返さなかったということが起こることもあるでしょう。

そうなると、この新入社員の方は徐々に挨拶をしなくなり、せっかく学んだ挨拶というものが活かされないという事象が起こり得ることは想像できるかと思います。

この挨拶をしなくなった要因は複数ありますが、上記の理由と照らして考えてみてください。

今回の場合は、この新入社員が学んだ環境として、挨拶をすることが前提の研修環境であることと、挨拶を返さない現場の環境が原因かもしれません。

このように、個人で学んだことが現場で活かされないことは多々ありますが、もしも同じ組織の人達が一緒に学習をするとどうなるでしょうか?

おそらく、いくつかの学習転移が起こらない理由が減るのではないでしょうか。

継続の観点

何かを学んでいてもなかなか続かないという人はいるのではないでしょうか。

何でも続ければいいというわけではありませんが、イギリス出身の元新聞記者・マルコム・グラッドウェル氏が提唱した1万時間の法則にもあるとおり、ある分野のエキスパートになるにはある程度の練習・努力・勉強が必要になります。

しかし、一人では続けれられない人でも、例えばランニングやフットサルなどでサークル活動などのコミュニティがあれば続けられたという人もいるのではないでしょうか?

三日坊主という言葉もあるとおり、人は怠惰な生き物です。個人だとどうしても意思の強さがないと続けられないものです。

そこをチームというコミュニティを活かして学ぶことで、互いに切磋琢磨し、応援し合う事で学びが継続しやすくなります。

チームになるスキル

アフリカのことわざに「早く行きたければひとりで行け。​遠くへ行きたければみんなで行け。」​というものがあります。

このことわざはまさにチームの意味を教えてくれるものであると思います。

複雑化された時代においては、一人でできることには必然的に限界がきますので、誰かと一緒に動けるということは必要不可欠なスキルとなってくるでしょう。

今後は、おそらく日本においてJOB型の働き方が主流となってくるでしょう。

その際には基本的には、一人で作業をこなす、というよりもチーム/グループで作業を創っていくことになってくると予想されます。

また、スピードが求められるビジネスの世界では、素早くチームになるが求められます。 その点においても、チーム学習で「チームになる」ということを経験することも非常に有意義であると考えます。

チーム学習に大切な4つのP

MITのメディアラボにいるミッチェル・レズニックはチーム学習では4つのPが重要であるといっています。

Projects「実際の課題を使う」

座学では、実際の現場が想像できず、リアリティのある学びとならない傾向があります。そこで、リアルな課題を扱うことで、学びがより深くなるといっています。

Pears「仲間とやる」

一人の学びでは、一度躓くとその先へ進めなくなってしまいがちですが、仲間と一緒であれば、疑問点を話しながら一緒に学習し、悩んだときには気軽にメンバーに相談できます。

Passion「情熱をもってやる」

上から与えられた学習では、やらされ感で、やる気もでなくなる傾向が強くなります。しかし、自分たちの興味関心からテーマを選択できれば、熱心に取り組むことへとつながります。

Play「遊びながらやる」

決められたやり方以外は、認められない状態だと創造性が生まれづらくなります。

楽しみながら、試行錯誤しながら進めることで、今までと違う解決策が思いつきます。

チーム学習の進め方

目的設定

どんな学習でもそうですが、目的がある学習と、そうでない学習では、目的がある学習ほど学びが素早くかつ深く身に着くものはありません。

もしも、自分が3か月後に日本人が一人もいない海外駐在が決まっている状態であれば、英語を学ぼうという意欲は、何もない状態よりもかなり強く働くことは容易に想像がつくと思います。

そのため、チーム学習ではまずはそのチームで何を目指しているかを明確にして、目標設定をすることもおすすめします。

もしチームが普段一緒に働いているチームであるなら、その業務上の目的をあわせることが一歩目になることが多いでしょう。

また、もしチームが階層別研修で集められた普段一緒に動いていないチームであるなら、一緒に動くためにも何かテーマを決めるとよいでしょう。

例えば、1年間かけて、「新規事業を考えよう」だったり、「企業ブランディングを考えよう」だったり、「現場の改善案を考えよう」といったことがテーマに上げられるかもしれません。

テーマを自分達で考えることで、自主性が芽生え、学びへの意欲が高まるでしょう。

メンバー設定

チーム学習においては、選出するメンバーと、メンバーの数も重要となってきます。

メンバーの選定は現場であればできるだけ普段一緒に動いているメンバー全員が入っていると良いでしょう。

ただ、人数が多すぎるのは考えものです。

アマゾンの創業者であるジェフベゾスは「2枚のピザ理論」というものを掲げ、チームの人数は2枚のピザを分け合える人数がチームにはちょうどよいといっています。

人数としては5~7人程度でしょうか。これくらいの人数であれば、それぞれが自分毎化し、それぞれがさぼることもない人数といえるでしょう。

また、できるだけ多様性のあるメンバーにすることで、それぞれの違いを活かした学びにつながっていきます。最初は同じようなタイプの人を揃えたほうがやりやすいでしょうが、是非とも今後を見据えてタイプの違う人をメンバーにしてみてください。

補足教材について

チーム学習では基本的にはテーマがあった方がよいことはお伝えしました。このテーマ内容を対話の中から答えを見出していくことが一番重要です。

しかし、実際には今まで取り組んだことのないテーマであれば、何から手を付けたらよいかが明確にならないことと思います。

そんな時は、是非とも動画学習や共通の本を読むなどして、知識の上積みをしましょう。ここが大きな成長のポイントです。

今までの知識だけでは、自分達の枠組みの中でしか新たな発想は生まれてきません。大したアイデアとはならないでしょう。

そこで、動画をみたり本を読むことで、新たな発想の糸口をつかむことが重要です。

「必要は発明の母」とはよく言ったものですが、「必要は学びの母」ともいえるのではないでしょうか。

動画や本はできるだけチームのメンバーと一緒にみることをおすすめします。

同じものを見ていることで共通言語がつくられ、チームとしての動きにスピードと質が上がっていきます。

今では安価な動画も多くでていますので、活用していきましょう。

最後に

既に記載していますが、今後チームで動くことはビジネスパーソンにとって当たり前になっていくことが予想されます。

その中で、チーム学習はその「チーム」の底上げをする大切な武器となってきます。

まずは、小さなことからで構いません。職場のメンバーと一緒にyoutubeなどを一緒に見ることからチーム学習をはじめてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

栗林 陽

「少しでも良い社会のために」

大学までサッカー小僧として時間を過ごす。新卒時は大手IT企業へ就職。その後シドニーへ語学留学。半年過ごしたシドニーで自分を助けてくれた恩人のおかげもあり、多くの人に寄り添える仕事に従事しようと、研修業界へ就職することを決断し、現会社へ。

DI室 チーフディレクター

JMCでは階級や職種に応じて
様々な社員研修メニューを用意しています。

お問い合わせ

JMCで社員研修を行うメリット

貴社に合った
学びの場の構築

JMCでは顧客の課題に合わせて最適な
学びの場を構築します。日程・時間・
人数・実施方法といった研修実施内容はもちろんのこと、学びの定着にむけたフォローアップ施策もあわせてご提案いたします。

柔軟なサポート体制

講師派遣に限らず、会場の手配、機材の手配(オンライン環境の構築)など研修準備に関する内容も承ります。また事務局業務についても対応可能ですので、研修の実施段階においても業務の効率化が図れます。

多様な講師を擁する
JMC講師ネットワーク

JMC講師ネットワークを活用し、ご要望に沿った専門性の高い講師のご提案が可能です。一度に多くの講師を揃えたい、複数のテーマで構成される一連の企画など、多くの講師へ依頼する必要がある場合でもJMCが一括してコーディネートいたします。

電話でのお問い合わせ

03-6431-1411

受付時間:平日9:00〜17:00